コーヒーは新鮮さが最も大切と言える理由

スポンサーリンク
コーヒー

自宅でコーヒーを入れる時何にこだわりますか?・入れ方・ドリッパー・豆の産地や種類・深煎り〜浅煎り・粗挽き〜細挽き・ミル・硬水〜軟水・お湯の温度・カップの形状・ドリップポット・・・いろんな要素が合わさって自分好みのコーヒーが出来上がりますね。

とはいえ、美味しいコーヒーには最低限必要なことが存在します。今回は焙煎の新鮮さの大切さについて説明します。

コーヒーは生鮮食品?

皆さんはコーヒー豆を買ったらいつまでに使いますか?大抵コーヒー豆の袋には賞味期限が記載されています。パッケージによってその幅は異なるようですが、数月〜1年ほどでしょうか。メーカーやそれぞれのコーヒー屋さんが吟味して決めた賞味期限を否定するつもりはありません。とはいえ、この賞味期限とは袋を開ける前であることを強く述べておきたいと思います。袋を開けた途端から、風味の劣化、酸化が進んでいきます。

これは私の独断ですが、開封後豆の状態なら2週間、粉になっているなら2日が賞味期限だと言えます。

古い豆は美味しくない

このことは実際にドリップコーヒーを入れてみるとよくわかります。焙煎後時間がたった(酸化した)コーヒー豆で入れると豆がほとんど膨らみません。どんなにコーヒーを入れる腕が良くても、古くなったコーヒー豆で美味しいコーヒーを入れることはできません。「生きている犬は死んだライオンよりはまし」という言葉がありますが、「安い豆は古い豆よりはまし」だと思います。(安い理由が古いからだと本末転倒ですが)古い豆はもはや死んだ豆と同義です。

新鮮な豆で淹れたコーヒー豆はドームのように綺麗に膨らみます

古い豆は体に悪い

古いコーヒー豆が美味しくない点について説明しましたが、古いコーヒー豆は実は体にもよくありません。”コーヒーに驚きの効能?飲むべき理由と注意点”で述べましたが、コーヒー豆にはポリフェノールが含まれており抗酸化作用があります。しかし、コーヒー豆自体が既に酸化していたらどうでしょうか?古いコーヒー豆は古い油のように体に悪影響を与えます。古いコーヒー豆で淹れたコーヒーを飲むと胸やけのようなものを感じる人も、新鮮なコーヒー豆で淹れたコーヒーなら大丈夫と言っていました。ここで古いコーヒー豆と述べましたが、一般的な認識ではそのコーヒー豆は古くはないことでしょう。賞味期限まで半年あるコーヒー粉を買ってその日に開け数週間経ったものはおそらく一般的にはまだ新しいという認識でしょう。しかし敏感な人には古いコーヒー豆として体に反応が出ることがあります。

コーヒーを買うなら豆の状態が良・では最良の買い方は、、、

既に述べましたが、コーヒー豆が古くなる原因は酸化です。コーヒー豆が酸素(空気)に触れることにより酸化が進んでいきます。粉にすると、豆の時よりも表面積が格段に増えます。その分酸化するスピードも増えるということになります。それで、コーヒーを購入する際は是非豆の状態で買うことをお勧めします。それをミルで挽いてその日のうちに飲むのが美味しくて体に良いコーヒーの飲み方です。また、コーヒー豆や挽いた粉の状態での保存には・常温保存・冷蔵保存・冷凍保存がありますが、これはそれぞれメリットデメリットがありますし、どれでもそれほど違いはないように感じます。私は常温保存を選んでいますが、どの保存方法を選ぶにしても大切なのは可能な限り空気に触れないようにすることと、使用時には常温で用いることです。

最良の豆の買い方とは

では、私が考える最良の買い方をお伝えします。

それは、、、生豆です(読み方は「なままめ」のようです)

生豆とは、焙煎する前のコーヒー豆のことです。この状態なら豆は2年3年は鮮度の良い状態を保つことができます。それを自分で焙煎すれば、焙煎したてのコーヒーを楽しむことができます。また、豆の値段も半額近く安く抑えることができます。(生豆を焙煎すると重さは1割ほど減りますが)でもコーヒーの焙煎と言われると大変と感じるかもしれません。その焙煎方法はまた別の記事で説明します。

また、これも意見が分かれるのが、コーヒー豆は焙煎後すぐ飲むか、1週間後くらいに飲むかです。焙煎後すぐのコーヒーは新鮮さを感じ、スッキリ感が強く出ます(もちろん豆の特性はありますが)しかし、これを「味が落ち着いていない」と感じる人もいます。味が馴染むというのでしょうか。これは自分で焙煎するようになると色々試せる楽しい面です。いずれにしても、コーヒー豆は新鮮であることが大前提です。

是非、体に良く味も美味しい新鮮なコーヒーを楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました