カフェオレ カフェラテ カプチーノ その違いは?

スポンサーリンク
コーヒー

コーヒーはブラックでも美味しいですが、ミルクを入れて飲むコーヒーも味わいが変わってまた楽しいものです。特に朝から飲む時はブラックだとちょっと胃の調子が、、、という方もおられるでしょう。ミルクを加えたコーヒーにはカフェオレやカフェラテ、カプチーノにコーヒー牛乳いろんな種類、呼び方がありますね。これらはどう違うのでしょうか。今回の記事ではその違いを説明したいと思います。

それぞれの違いは

カフェオレとは

カフェ・オレはフランス語です。そして”オレ”はこれもフランス語で”ミルク”の意味です。ベースはドリップコーヒー(サイフォンやフレンチプレスでもいいと思います)で、そこにミルクを加えます。ですので、コーヒー牛乳と同じものと言えます。でもやっぱりコーヒー牛乳ではなく、カフェオレと注文したいですね。

  • 言語:フランス語
  • ベース:ドリップコーヒー
  • 一般的な割合5:5

カフェラテとは

カフェ・ラテはイタリア語です。”ラテ”はイタリア語で”ミルク”の意味。上記のコーヒーも”ラテアート”と呼ばれるもので、ベースがカフェラテであることがわかります。先に述べたカフェオレとの違いは何でしょうか?それはコーヒーのベースがエスプレッソであるということです。エスプレッソに温めたミルクを加えたもので、エスプレッソ2:ミルク8が一般的な割合となります。ミルクが多めに感じるかもしれませんが、そもそもエスプレッソが4、5倍に濃縮されたコーヒーですので、このくらいの割合で美味しくいただけます。

  • 言語:イタリア語
  • ベース:エスプレッソ
  • 一般的な割合:2:8

カプチーノとは

では、カプチーノとは何でしょうか。それは、ベースをエスプレッソに、温めたミルク、さらにスチームドミルク(泡立てたミルク)が入っていることです。口当たりの柔らかな食感となります。また、上からココアパウダーをかけたり、シナモンパウダーを振りかけたりすることで、新たな風味や見た目を楽しむことができます。スチームドミルクの食感により柔らかな感じはしますが、ミルクの割合はカフェラテが2:8カプチーノがおよそ3:7と、カフェラテよりも少ないですので、よりしっかりとしたコーヒーの風味を感じることができます。

  • 言語:イタリア語
  • ベース:エスプレッソ
  • 一般的な割合:1:1:1(エスプレッソ:ミルク:スチームドミルク)

ミルク入りコーヒーについて

今回はミルクを加えたコーヒーについて説明しました。家で入れる時はおそらくベースがドリップコーヒーですので、カフェオレの部類になると思います。私の飲み方のオススメは、まずはブラックで飲み、途中からミルクを入れてまろやかに飲み切ります。味の変化を楽しみ、自分の好みを知るにもいろんな味で飲んでみることをオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました