コーヒーを入れる時の最適なお湯の温度は?

スポンサーリンク
コーヒー

みなさん、家で美味しいコーヒー飲まれてますか?自分の好きなコーヒーにたくさん出会っているでしょうか?コーヒーの味を決める要素はたくさんあります。

  • 抽出方法
  • 豆の種類
  • 豆の産地
  • 豆の挽き方
  • 水の種類
  • お湯の温度
  • etc…

奥の深い飲み物ですね。今回は、ドリップコーヒーを入れる際のお湯の温度について説明したいと思います。

ドリップの際のお湯の温度は大切!

悲しい告白ですが、以前私はドリップコーヒーを入れる際、熱湯を使っていました(汗)

なぜこれが悲しい告白なのかわかるでしょうか?それは、コーヒーは熱湯で入れるものという固定概念、行為がとても残念なものだからです。いや、正直好きだったんです。熱湯をコーヒー豆にドリップした際のあの芳醇な香り、、、あの香りで「今私は美味しいコーヒーを入れている」と感じていました。

しかしある時、ドリップコーヒーは熱湯で入れない方がいいという話を聞きました。でも最初は聞き流していました。なぜなら、その温度が90度あたりだというので「それは低すぎる」と思ったからです。でも実際にその温度で入れたというコーヒーを飲んで考えを改めました。

間違いなくこっちが美味しい!

確かに熱湯でコーヒーを入れる時に芳醇な香りを感じました。でも実際にコーヒーを飲むときに焦点を当てると、香りが弱くなっていたり、味に深みや複雑さが足りない。ということに気づきました。

ドリップコーヒーを入れる際オススメのお湯の温度は

では具体的には何度で入れると美味しいコーヒーが抽出できるのでしょうか。

ここで有名コーヒー店のオススメをご紹介したいと思います。

  • UCC:95度前後
  • スターバックス:90-96度
  • KEY COFFEE:90-95度
  • カルディコーヒーファーム:90度前後
  • ドトール:93度

他にも有名店はたくさんありますが、5つだけご紹介しました。

温度によってどのように味が変化するのか

お湯の温度によって抽出される成分に差が生じます。グツグツいっている熱湯を使うと香りがその時にとんでしまい論外であるという点はすでにお伝えしました。とはいえ、有名店オススメのお湯の温度も90前後から96度とばらつきがあります。(85度で入れるという話も聞いたことがあります)これはなぜでしょうか。それはお店によって求める味に違いがあり、またコーヒー豆等々の条件も異なるためです。

どのように味が変化するのでしょうか。それはお湯の温度が高いと苦味が強く抽出され、逆に温度が低いと酸味が強く抽出されるという傾向にあります。これをコーヒー豆の特性や自分の好みと合わせて変えていくわけです。

お湯の温度の見分け方は?

ドリップコーヒーの際お湯の温度が大切であることがわかりました。ではその温度をどのように見極めるといいのでしょうか。

温度計

1番のオススメはもちろん温度計を使うことです。今はデジタルでもアナログでも選ぶことができます。これは温度を正確に測る最良手と言えるでしょう。値段は1000円から3000円程度でしょうか。

目安で測る

とはいえ、温度計持ってないし買うほどではないし、正直面倒臭いという場合はこの目安で測る方法をお勧めします。

  • 85度くらい:水面に小さな泡が出始める頃(底ではなく水面)
  • 90度くらい:85度くらいで小さな泡だったのが大きな泡に変わった時。または沸騰したお湯をドリップポットに移し替えると90度より少し上(量と季節による)
  • 95度くらい:表面が波立ってきた時(泡は大小ある状態)
  • 100度:表面が激しく泡立っている時

最後に

本当に安定したコーヒー、また自分に合うコーヒーを探求したいならやはり温度計を使ってキチンと測ることをお勧めします。とはいえ、そこまでではないという場合は上記の目安で試してみるといいでしょう。ヤカン等からドリップポットに移し替える方法は、お湯の量や、ドリップポットの元々の温度にかなり左右されるので安定しにくいです。とはいえ、グツグツ煮立ったお湯を使うより味わいのあるコーヒーを入れれますので、ぜひ95度以下で試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました