オアシスコーヒーのグアテマラを飲んでみた

スポンサーリンク
コーヒー

福岡県にあるオアシスコーヒーでグアテマラの豆が特価になっていたので買ってみました。今回はそのレビューです。

オアシスコーヒーとは

オアシスコーヒーは福岡県飯塚市に本店(工場?)があるコーヒー屋さんです。「きれいなコーヒー」というコンセプトをこだわりとしているお店です。どうやらネット販売もされているようです。ホームページはこちら

今回セールで購入したグアテマラコーヒー

今回購入したグアテマラは普段ネットでも950円のようですが、イオンの店舗でセールをやっていて700円以下だったので購入してみました。(こちらの店舗は豆の販売だけでなくカフェもありお店でコーヒーをいただくこともできます)今回のセールは豆が古いから安いというわけではなく、おそらく3,4日以内に焙煎した豆だと思われます。(賞味期限は1年間のようですが、記載されていたのが1年後の3日前でしたし、実際とてもよく膨らんでくれました)

“オアシスコーヒーウェブサイトより”

実際に飲んでみた

早速開封しました。焙煎はシティローストあたりでしょうか。袋を開けた瞬間から新鮮なコーヒー豆の香りが溢れて来ました♬

今回はドリップで入れてみました。

撮影が下手ですが、とても綺麗に膨らんでくれました。

今回のレシピ

  • 挽き方:中挽き
  • 湯温:92,93度くらい
  • 豆の量:35g
  • 抽出量:450ml
  • 抽出時間:3:10
  • 最終的に少し差し湯

まず一口飲んでの感想は、、、苦味が薄くて酸味がはっきり感じられます。そして一番感じたのは、後味がとてもスッキリしてる!確かにウェブサイトの商品説明で、酸味とスッキリした後味について説明されていますが、ここまで後味がスッキリしたコーヒーを飲んだのは初めてでした。普段ブレンドコーヒーばかり飲んでいて、今回ストレートコーヒーを飲んだからというのもあるかもしれません。ブレンドコーヒーだと、それぞれのコーヒー豆の良い部分を足していくという感じだと思いますが、「後味がスッと消えるスッキリさ」のような消える利点を活かすにはやはりストレートがいいのでしょうか。また、香りについて私はフルーツや花といったように具体的な香りはわかりませんでしたが、確かに「華やかな」香りが部屋じゅうに漂っていました。その華やかさと酸味と後味がこのコーヒーの特性と言えるでしょう。これは満足です。

「きれいなコーヒー」へのこだわりも感じるコーヒー

オアシスコーヒーのコンセプトとなっている「きれいなコーヒー」の特性も強く感じました。今回電動ミルを使って豆を挽き、微粉分けなどはしていないのですが、とてもクリアな味でした。こだわりの方法についてはウェブサイトに動画が掲載されています。

【公式】The history of きれいなコーヒー

機会があったら、オアシスコーヒーの豆をさらに微粉を取り除いて、とことんクリアなコーヒーを入れてみたいと思いました。(家に微粉セパレーターないけど汗)福岡本店ですが、ネット販売もされているようなので、是非試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました