コーヒーの残りカスを捨てるのはもったいない!使い方7選

スポンサーリンク
コーヒー

コーヒーと入れた後の残りカスどうしてますか?そのままゴミ箱へ直行なんてしないで、有効活用しましょう。とっても簡単な使い方をご紹介♬

消臭・カビ防止に

しっかりと乾燥させる

まずはコーヒー粉をしっかりと乾燥させましょう。出ないと逆にカビが出やすくなります(涙)バットやお皿に広げて晴れた日に外に置いておけばOK

1.玄関や靴に

瓶やカップに入れて玄関に置いておけば臭いや湿気が気になる玄関もスッキリ♬またお茶の葉を入れるフィルターパックなどに入れて靴の中に入れておけば効率的に靴の湿気を取れます。ブーツなどにも使用してもいいかも。

2.生ゴミやゴミ箱に

ゴミは毎日出せればいいけど自治体によっては週に2日だったり一日置きだったり、、、家に保管してる時の臭いが気になりますよね。特に生ゴミは水気を切ってもそのままだとちょっと辛い。そこで乾燥させたコーヒーカスの出番です。生ゴミにスプーン一杯くらいを振りかけて置いておくと臭いがしにくくなります。そしてゴミの日にそのまま捨てましょう。

3.トイレに

トイレも臭いが気になるところですね。ここでもコーヒーカスが役に立ちます。ただし、ここでオススメなのはトイレに置く場合はコーヒーカスを乾燥させないということ。トイレの臭いというと気になるのはアンモニア臭だと思いますが、この臭いを吸収するには濡れた状態のコーヒーカスの方が適しています。ただし乾燥させないということはその分カビやすくなるということなので、トイレに使用する場合は毎日取り替えましょう。毎日コーヒーを入れる人には問題ないですね。

4.キッチンや冷蔵庫に

キッチンや冷蔵庫もいろんな香り匂いが入り混じるところ。コーヒーの香りもですが、乾燥させたコーヒーカスの消臭効果に期待です。

庭で雑草対処や肥料として

家の中だけでなく外でもコーヒーカスは役に立ちます。そのまま土に蒔けば雑草の成長を抑えてくれますし、時間をとって発酵させれば肥料としても役に立ちます。ただ、発酵させるのは正直手間なのでそのまま撒いて雑草対策くらいにしておくのが簡単でオススメです。

虫除け・猫避けに

雑草対策と同じように庭に撒くことで虫や猫避けにもなります。この目的で使用するなら、庭全体というより家に近い部分に撒く方がオススメです。

コーヒー風呂にも?

コーヒー風呂って何?という方もおられるでしょう。想像のまま、コーヒーを入れたお風呂です。それは抽出したコーヒーでもいいですし、今回紹介しているコーヒーカスをパックに入れてお湯につける方法もあります。

コーヒー風呂の効能

1.抗菌作用:O-157やサルモネラ菌の増殖を防いでくれます。

2.リラックス効果:コーヒーの香りにはリラックス効果があります。飲む時もそうですが、温かいお風呂で嗅ぐコーヒーの香りも同じようにリラックス効果を期待できます。

3.カフェイン効果:カフェインを肌にということも少ないかもしれませんが、カフェインには脂肪燃焼や肌を柔らかくする嬉しい効果ありです。

コーヒー風呂の注意点

1.浴槽に色が付くかも:これはバスタブ次第なのでお気をつけて

2.残り湯は洗濯には使えない:これは簡単に想像できるでしょう。コーヒー染めになってしまいます。(マチマチの)

3.上がるときはシャワーで体を洗おう:洗濯の部分と似てますが、体を拭くタオルに色が付くかもしれません。

最後に

捨ててしまうにはあまりにもったいないコーヒーカスの使い道を紹介しました。本当の意味で最後までコーヒーを楽しんで、良いコーヒーライフを♬

コメント

タイトルとURLをコピーしました